07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

見切り発射

感覚が冴えているときは、見切り発射(発車?)しても入るから不思議です。

つまり、ダーツをターゲットに正確に合わさず投げてしまっても平気ってことです。1スローずつ丁寧に投げるより、リズム重視でポンポンポンと投げる方がHATを量産しやすい。多少フォームが崩れていても、グリップが間違っていても、引く位置がずれていても…リリースのときに体が勝手に微調整して、ダーツがラインに乗るのです。

たぶんこれが「感覚投げ」というやつでしょう。ただしプレッシャーがかかったり、疲れたり、気が散っているとき、この「感覚」は鈍ります。油断禁物です。

form_or_feeling.jpg

だから、疲れても集中しなくても入る、きちんとした理想のフォームで投げる習慣をつけたいのです。でも…難しいですねぇ。上の図の右と左を行ったりきたり。両者とも欠けることなく、最大限のパフォーマンスを発揮できる投げ方が俺の目標です。

人からダーツの投げ方を相談されたとき、俺はフォームばかり気にしている人には感覚の大切さを、感覚でばかり投げて安定しない人にはフォームの大切さを伝えるようにしています。前者にはフォームが崩れてもいいから、とにかく頭がボーっとするまで沢山投げ込めと。後者にはスローラインに立つところからしっかりフォームを作っていく方法を勧めています。

ちなみにあるレベル以上の方には、ほとんどメンタルの話しかしないような気がします。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nag.blog4.fc2.com/tb.php/426-8dc6f703
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。