03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

ジュリー制度

睡魔と闘いながら見続けたロンドン・オリンピックがとうとう終わってしまいました。

それにしても閉会式にエリック・アイドルが歌い出したのには驚いたな。なんとなく早起きしてテレビつけておいて良かった。

eric_idle_london_olympic.jpg

はじめての人には単なる陽気なオッサンにしか映らなかったと思うけど、モンティ・パイソンという伝説的な喜劇集団のひとりです。自分にとってはビートルズ(ポール・マッカートニー)で始まりラトルズ(アイドル=ポール役)で終わる贅沢なスポーツの祭典でした。


YouTube Monty Python - Always Look on the Bright Side of Life

映画『ライフ・オブ・ブライアン』の有名なラストシーン。磔にされた全員で「Always Look on the Bright Side of Life」合唱とか、どんだけ狂ってますか

さて、そんな皮肉と狂気の国=イギリスで生まれたダーツ。柔道の試合で話題になったジュリー(審判委員)制度をダーツの試合でも採用したほうが良いのではないかと思う場面が、今回のJAPANツアーでは何度もありました。

ルールを熟知し試合進行の裁量権を持ったジュリーがたとえば4台に一人でもいてくれれば、選手の負担もずいぶん軽くなるのになあ、という妄想です。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nag.blog4.fc2.com/tb.php/1716-bf9e47d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。