05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

自分のフォームを晒してみる

実用性に乏しいアレンジ論ばかりでうんざりかと思いますので、今日はひさびさに自分のフォームチェック素材を晒してみます

その1 正面

ダーツ フォーム比較 01 2008-2011

画面左が2年半前のフォームで、右が現在。カメラのアングルが違うので単純に比較はできないけど、ダーツが右目とターゲットを結んだラインから左右にズレないかがチェックポイントです。

form_check_20110308.jpg

フォローで腕を右に払ってしまうのは、自分としては大きなマイナスポイント。試行錯誤のすえ、だいぶ改善されてきました。構えで肘が開いて見えるのは、肘の左端に合わせているからです。それでも客観的にみるとまだまだだな


その2 側面

ダーツ フォーム比較 02 2005-2011

前半はダーツをはじめてちょうど1年目ぐらいでAAになり、投げるのが楽しくてしょうがなかった頃です。ちょうどブログをはじめた頃っすね。今見ると力んでるし頭は動くし成り行きで出来た酷いフォームだ。当時もそれなりに考えて投げていたわけですけど。後半は現在。

form_check_20110308_02.jpg

体を起こしているので、目線は少し高くなっています。一番目立つのは、フォロースルーの角度でしょうか。バーニーのように楽に振り下ろすのを意識しているのですが、安定感がないですね。この前F-9師匠にも指摘されたし、まだまだ改良の余地がありそうです。


自分のスローイングは後々参考になるので、思いついたら撮影しておきましょう。今どきは携帯でも、結構きれいに撮れますしね ちなみに、日曜四谷に来てもらえれば、ハイスピード撮影ができるかもです。(毎週というわけではないけど。詳しくはmixiの和矢コミュへ)
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

コメント

ながのさんの影響で

デジカメ買っちゃいました(笑)
ひとまず、安く売っていたEX-FH100で、物足りなくなったらもう少し性能が良いのに買い換えるかもです。

あと、先日改めてながのさんのフォームを見させてもらいましたが、色々勉強になりました。

次はもっと強くなるように練習してから行きますね!

URL | Flipper #-
2011/03/08 15:35 * edit *

とても綺麗ですね

比較動画は分かりやすいですね。
私はダーツ歴2ヶ月位ですが、はじめた頃はながのさんの2005年のスローを目標としていました。それだと力みが多かったので、今は脱力を意識して投げています。

動画の現在フォームはとても綺麗に投げられているので、目標にさせて頂きます。

私も動画を撮ろうと思いました。
自分のスローは自分では見れないので有効ですね!

URL | たけ #-
2011/03/08 23:41 * edit *

No Title

>Flipperさん
日曜はお疲れ様でした。カメラ買っちゃいましたか! EX-FH100なら広角が使えるし、ダーツ以外にもいろいろ面白い画が撮れると思います。ウラヤマシイなv-398
そして……これ以上強くならないでくださいねv-356

>たけさん
はじめまして。入門の段階で無理の無いきれいなフォームを作っておいたら、後々の伸びが違うと思います。頑張ってくださいねv-237

URL | ながの #-
2011/03/09 03:28 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nag.blog4.fc2.com/tb.php/1307-8d3ffbd6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。