09«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

ハードダーツのアレンジ 3本目 その5(160)

アレンジなんて、常に狙ったところに入る人なら必要ない技術ですから。しかも今回は、外してもなんとか上がり目を~! というかなり消極的な話ですからね。それも踏まえて、軽い気持ちで読んでくださいまし

まずは表の見方の説明もかねて、160残を検討してみます。

third_dart_target_160_20.jpg

左1列目がアレンジ対象の残り数=160です。
上1行目が狙うターゲット。20を狙った場合、という意味です。
20を狙って隣に外れると左が5、右が1。上下に外すと、当然シングルになります。6つの数字はそれぞれの残り数です。

S1に入ると159残になります。159は3本で上がれないので、
159
という表記になります。

ピンク色の濃淡は狙うべき場所を表現してみました。159残にならぬよう「T20の5寄り」を狙うってことでどうでしょう? もっともS5で155残は良い数字とはいえませんから、ぬか喜びしないように……

third_dart_target_160_20-19.jpg

つぎに19を狙った場合を右に足してみます。
黄色は自分なりの比較ポイントです。

ボード上で160から唯一上がり目を失うのはS1ですから、単に上がり目を出すだけだったらT19の方が安全なわけです。ただしT19に入ったとしても103残。T20の100残と比べると魅力半減ですね。さらに対戦相手に「逃げ腰」とか「アレンジミス」とか思われたら……

と思うと、不安で夜も眠れません

ここはやはり、20を縦ラインで狙うというのが本筋のようです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nag.blog4.fc2.com/tb.php/1220-681c99b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。