07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

過ぎたるはなお及ばざるがごとし

車を運転する人なら、カーブにさしかかったとき、どれぐらいハンドルを切ればいいのか経験上知っています。初心者はハンドルを切りすぎてしまうものです。

wii_handle.jpg

新しいゲームの操作なんかは常にそうですね。ほどよい加減を知るまでは試行錯誤の繰り返しです。

で、ダーツの話。

everest_t20.jpg

たとえば狙いをBULLの高さからD20の高さに切り替えたとき、必要以上に力んでしまう人がいます。「D20はもの凄く高いところある」という意識がそうさせてしまうんですね。力んでリリースが遅くなると、結局ダーツは下に落ちます。「これを力が足りない」と勘違いしてさらに力んでしまう。悪循環です。
あるいは必要以上に高く投げ上げて、それをリリースのタイミングや小手先で修正します。

こういう効率の悪いスローは、本来経験を重ねるうちに修正されていくはずなのですが、「とりあえず狙ったところに刺さればいい」という結果オーライな考えをしていると、修正機会を失い、気づいたら悪いクセになってしまいます。

自分がどういう投げ方をしているのか、またどういう考え癖をしているのか、ときにはゆっくりチェックする必要がありそうです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://nag.blog4.fc2.com/tb.php/1082-d1c8c8c7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。