12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

ハードダーツのアレンジ 400点台の鳥瞰図

200~300点前半のアレンジ、具体的には

219~235
259~275
299~315

は、上がり目を出すためのアレンジです。ここで考慮しなければならないのは2点。1点目は「上がり目を出すこと」と「削る」ことの優先順位です。ハイオフにリアリティが無ければ「削り」に専念すればよいのですが、PDCなどではすでに当たり前のように300点台からのアレンジが行われてることを考えると、日本人プレイヤーもそろそろ事の重大さに気づかなければならないのかもしれません。

もう1点はミスショット(T20を狙ってS5に入った場合とか)の後の2本目、3本目の修正アレンジ。上のリストは3本持ちを想定していますが、1本目を外してアレンジの必要が出た場合の対処は、その都度即座に判断しなければなりません。3本持ちの状態ほど複雑ではないにしろ、とにかく考える時間が無いのですね。

さて。さらに大きな数字のアレンジは、次順上がり目を出せる数にすることが命題となります。

219~235 → 399~415
259~275 → 439~455
299~315 → 479~495

200点台のアレンジはざっくり言って170点に向けたアレンジでしたが、400点台からのアレンジは、これらに単純に180増やした数からスタートします。昨日のエントリーでは486点を考えましたが、これは単純に306点のアレンジの延長でした。(306点はT19からというアレンジが頭に入っていれば、あとはいつやるかの判断だけ) これをさらに延ばせば、701だろうが1501だろうが対応できるはずです。

それにしても400点台からのアレンジなんて、自分にとってはまだ数字遊びの段階。実戦投入は当分先になりそうです。「あいつ偉そうなこと言って、結局T20しか狙ってないじゃん」なんて苛めないでくださいね

スポンサーサイト
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 486

考えはまとまっていないのですが、ぼちぼち大きな数字のアレンジを考えていこうと思います。

まずは思い切って486。1スロー目でS5に3本で486残です。

まあ今の実力ならアレンジに悩む数字ではありませんけどね。でもたとえば自分がフィル・テイラーで対戦相手もフィル・テイラーだと想像したら? ちょっとリアリティが湧きますかね? 仮に180→180と削って126残、これを3本で上がり切れば計12ダーツで、これが最少スローとなります。

T20(426)→T20(366)→T20(306)
T20(246)→T20(186)→T20(126)

ただしこの例では、T20が1本でもS20に外れた時点で12ダーツトライは夢と消えてしまいます。次順に上がり目出すために許されるシングルはS19とS16、そしてSB(25)のみ。

T20×5 + S19×1 (S16×1)
T20×4 + T19×1 + S19×1
T20×3 + T19×2 + SB×1
T20×2 + T19×3 + SB×1

トリプルでもシングルでも可能性を残せるのは19。つまり次順に上がり目を出すためにシングルの保険を掛けるなら486残の1本目はT19に行くのが最善手ということになります。ただし仮にT19→T19と決まって372残になった場合、次順シングルでも上がり目を出すためにはブル(S25)を打つしかありません。ここでT19を決めて315残にしても、次順T20→T20で195残となり、3本目はやはりブル。せっかく決めたトリプルをシングルでチャラにしなければなりません。もったいないけど、シビアに行きたいところです。

T19→T19→S25 T20→T20→T20 (167残)
T19→S19→T20 T20→T20→T20 (170残)
S19→T19→T20 T20→T20→T20 (170残)

先にTON80を狙って楽になる手もあります。ただし、ダーツがひとりの競技なら好きな方で良いのですが、相手に多少でもプレッシャーを掛けたいなら、シングルの保険は先に使うべきだと思います。もっとも347や350にプレッシャーを感じてくれる相手がいての話ですけど。

400点台からアレンジを始めるプレイヤーはまだまだ少ないと思いますが、いずれ当然のセオリーになるかもしれません。10年先を見越して、今から準備しておきましょう

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

TDOリーグ Palms Я戦@Soul(s)Shibuya

昨日はリーグ戦のアップにVSPHOENIXで通信対戦。いきなりもじゃおさんに挑まれて4連敗。やっぱり強いな~ていうか弱いな俺。対戦中に入らない理由や言い訳を考え始めるのは、俺的に100%負けフラグです。

というわけで、夜はTDOリーグで新Soul(s)Shibuyaへ。ホームが戻っての初戦です。対戦相手はお馴染みPalms Я(リターン)さん。

試合結果は……9対0で完勝

チームとしてはHYUGAさんも戻ってきてくれて、良い雰囲気でした。最終シングルスは1レグ目でダブルを引っ張りまくって落としてしまったけど、勝ち負けというより負けフラグが立たないように投げました。レグったのでTON10個ぐらい? しかしまあいつも思うのだけれど、ダブルは疑う気持ちがあったら入りませんね

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

無駄にならない感

最近、自転車は急坂では押して歩けば疲れないということを学習しました。電動アシストとは勝負になりません

自転車乗りの知人に聞いたのですが、ロードバイクの魅力は「無駄にならない感」だとか。ママチャリと違って、使ったエネルギー全てが走行距離に置き換えられる感覚があるんだそうです。だから長い坂道も苦にならないというわけですね。感覚としてとてもよく分かります。

ダーツのスローイングも、腕の振りが効率よく伝わって綺麗に飛んだときは、本当に気持ちが良いです。入る入らないとか勝った負けたとか抜きにして、投げること自体から得られる快感ってありますよね。特に回転グリップをやるようになってから、そう感じることが多くなりました。

あれやこれやでダーツが辛くなってきたときは、面倒くさいことはすべて忘れて、投げる感覚自体を楽しんでみてはどうでしょう?


★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

寄り道

窓の外が明るいので照明を消し忘れたのかと思って窓を開けてみたら、外は大雪でした
雪は大人になっても不思議とワクワクしますね。

teamyorimichi.jpg

マイケル軍団の前身「チームよりみち」Tシャツ

迷わず最短距離を行けば良いんですけどね。その近道が分からない。
まあそもそも道を決める前に、どこへ向かうか決めないとですね。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ステマ

ステマ……言ってみたかっただけ~

ステマは「ステルス・マーケティング」の略だそうです。世の中、ちょっと油断しているとすぐに新しい言葉が出てきますね。

stealth_fighter.jpg

さてステルス(STEALTH)はダーツのネーミングとしても使われています。

stealth_darts_maccoy.jpg

一番有名なのがMcCoyダーツのSTEALTHシリーズ。この形状のダーツはノーブランドのものを持っていますが、とても投げ易いです。McCOYがオリジナルとは知らなかった。いやむしろPaul Limがオリジナルなのかな?

stealth_darts_01.jpg

こちらはELKA DARTSのSTEALTH。ちょっとヤボったい感じですね。

stealth_darts_02.jpg

こちらはオーストラリアのFORMULAというメーカーらしいです。初めて知りました。

「ステルス」ってネーミングはかっこいいけど、ダーツ自体は見え易いほうが好みです。


★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

おーまい

順調に進んでいたフォーム改造がここに来て停滞。慣れてくるとついつい結果を求めてしまい、丁寧さを忘れ、古い癖が顔を出します。焦れば焦るほど入らない。分かっちゃいるんですけどね。

おーまいがーっ!!
champoo_hat.jpg

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

JAPANプロツアーの試験内容

SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN の実技試験の詳細が公表されましたね。

JAPAN(男性・女性エントリー可)
①SHOOT OUT 5500点以上 
②701 (セパレートブル・Open In/Master Out)
  7ラウンド以内フィニッシュを2回
③CRICKET COUNT UP スタッツ5.1以上を2回

JAPAN LADIES(女性のみエントリー可)
①SHOOT OUT 4500点以上 
②501 (Open In/Master Out)
  6ラウンド以内フィニッシュを2回
③CRICKET COUNT UP スタッツ3.5以上を2回

SOFT DARTS PROFESSIONAL TOUR JAPAN より



試験内容といいスタンプカード方式といい、D-CROWNテストに寄せすぎと思われるぐらい似ていますね。個人的にはせめてもう少しハードルを上げるとかしてほしかったな。そして他団体のプロは実技免除。ある程度実力のある選手にとっては、ほぼフリーパスといった感じでしょう。

特徴的なのはJAPAN16という制度ですね。今のダーツライブ・プロに相当するものになるのでしょうか。それとも顔ぶれが頻繁に入れ替わることになるのかな? 気になるのは、「JAPAN16こそが真のプロ」と謳われているところです。ということは16に入れないプロは偽プロ?それとも仮プロ? 

「○○さん、ダーツのプロなんですか?」
「いえいえ、プロといっても偽プロです」
「???」

なんて会話は嫌だなあ。まあツアーが始まってみなければ選手の扱いも評価も盛り上がりも未知数ですね。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

第1353回「あなたが一番集中しているとき」

FC2 トラックバックテーマ:「あなたが一番集中しているとき」

当然ダーツをしているときと書きたいのですが……本当に集中できるていのは1日20~30分ぐらいな気がします。

集中できているときは、ターゲットとダーツの位置関係が明確に見えて、ダーツがどう飛んでどう刺さるかまでスローモーションのように見えるし、自分の力でしっかりコントロールしているという感覚があります。こういうときは投げていてとても楽しい。

集中できていないとき(気が散っているとき)は、あれこれ余計なことを考えたり意味不明にイライラしたりしていることが多いです。自覚はあっても、そのモードから簡単には抜け出せない。でもダーツを長い間投げていたら、集中できていない時間の方が圧倒的に長いんですよね。つまり、無理やり集中するより、気が散ってしまっている自分との付き合い方を考える方が大事かな? と思うわけです。

もっとも「気が散る」という現象は、環境の変化にいち早く気づいたり外敵から身を守るために人間に最初から備わっている本能のようなもので、必ずしも悪い状態ではないんですよね。そんなことをぼんやり考えていたら、たまたまトラックバックテーマが近かったので書いてみました。(ネタ切れというわけではありませんよ

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

TDOリーグ S.W.A.T.戦@DARTS BAR KUNI

昨夜はTDOの初戦で明大前のDARTS BAR KUNIへ。対戦相手は久しぶりのS.W.A.T.さん。

対戦結果は……2対7で敗北

個人的には体調不良で練習内容も酷く、人数が揃ったら帰らせてもらおうと思ったけど、試合が始まったらTON10個とまあまあの出来でした。無理せず練習休んだ方がいいかな?

swat_darts.jpg

銃よりダーツ。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

プロダーツァー養成ギブス

憧れたなあ、大リーグボール養成ギブス。何しろこれをつけて生活していれば、勝手に体が鍛えられるんですからね。しかしこの絵のままだとすると、内側の筋肉(屈筋)は鍛えられても外側の筋肉(伸筋)は鍛えられません。まあ子供のころはそんなことには全く気づかなかったですけど

major_league_yousei_gips.jpg

たまたまこんな商品を見つけてしまいました。フィンガーエキスパンダー"Xtensor"

extensor.jpg

まさにプロダーツァー養成ギブス! 指一本ずつの負荷を変えられる優れものです。

ダーツに左回転を掛けるときに指の伸筋を使うのですが、日ごろ意識的に鍛えてない筋肉だから結構疲れます。握力を増すためのトレーニングマシンは結構あるんだけど、指の伸展を鍛えるためのアイテムって少ないんですよね。

digi-extend.jpg

こんなのもありました。DIGI-EXTEND(デジ・エクステンド)
付属のゴムバンドの色によって、負荷を変えるようです。

hand_master_plus.jpg

HandMaster Plus(ハンドマスター・プラス)
グーパーすることで、伸筋屈筋同時に鍛えられます。

だんだん見た目がカッコ悪くなってきたな。じゃあ次にめちゃカッコイイのをひとつ。

finger_weights.jpg

ギタリスト用のフィンガーウェイト。でもこれをはめてダーツを投げたら、おそらく反則でしょうね。それとも指輪がOKならこれもありかな?

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

フライトの公式表面積と計測値の誤差 

今まで気づかなかったのですが、unicornやHarrowsからフライトのお試しセットみたいな商品が出ているんですね。

unilab_flight_selector_kit.jpg
harrows_system5pack.jpg
harrows_radicalpack.jpg

で、気になったのが、表面積が記載されていること。つまりはメーカーの公式サイズということです。このブログで以前フライトの表面積を勝手に計測したことがあるのですが(たとえば「フライトの形とサイズ(一覧)」)、自分の計測値とどれだけ差があるのか気になりました。

UNICORN
PLUS 39.614 (40.33) +1.8%
SLIM 32.846 (33.49) +2.0%
XTRA 36.323 (35.82) -1.4%
DXM 26.585 (26.84) +1.0%
sigma pro 28.993 (29.69) +2.4%

HARROWS
STANDARD 38.7 (40.74) +5.3%
SLIM 34.5 (35.90) +4.1%
FANTAIL 34.8 (36.37) +4.5%
VORTEX 41.6 (42.47) +2.1%
VORTEX353 29.3 (30.96) +5.7%
COMBAT 32.1 (34.9) +8.7%
HEART 38.5 (37.88) -1.6%
V-WING 32.4 (35.44) +9.4%
AXIS 41.6 (42.12) +1.3%

(括弧内が硬派ダーツ日記調べ)

ほとんどのフライトを大きめに計測してしまっているようです。そしてHARROWSには10%近い誤差のものまで……まあHarrowsの方はあまり信用していないのですが。やはり差の激しいやつは計算しなおさなければならないでしょうか。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
-- 続きを読む --
go page top

アレンジマニアマニア

昨日の和矢はアレンジマニアのミニトーナメントに参加してみました。アレンジマニアマニアとしては参加しないわけにいきません。残念ながら主催者不在の超ミニトーナメントでしたが、結構楽しめました。アレンジマニアを本気で戦う機会はなかなか無いですからね。

アレンジマニアについて簡単に解説しておくと、DARTSLIVE1に搭載されている、1R毎に出されたお題の点数を何本使って上がったかで合計点を競うプラクティスメニューです。たとえば50というお題に対しシングルブル1本で上がれば1点ですが、T10→T5→S5と刻めば7点になります。もちろん上がれなければ0点になってしまいます。ハンデの設定が可能で、ノービスクラスは2ケタの数字しか出てきませんが、一番難しいSuperAは3桁の数字しか出てきません。

試合はハンデありの総当たり戦で。自分はSuperAで参加。30点台が出るときもあれば0点で終わってしまうゲームもあり、結局予選敗退でした。優勝は……りょうたさん

20120109_arrange_mania.jpg

6点差をつけられたピーナッツ君との最終ラウンド、お題は113点。
S20→T19→T12で見事大逆転。これで勢いに乗りました。

ちなみに113点で7点取るアレンジですが……T19から行ってS19に入ってしまうと94点になってしまい、最高6点しか取れません。1本シングルに入っても大丈夫なように保険を掛けるなら、20(か17か14か11)から攻める必要があります。T20に入って53残になったら、17(か14か11)狙いに切り替え。T17で2残、S17だと36残で、もう1回トリプルに挑戦できます。保険を掛けるパターンは沢山ありますが、瞬時に見つけるのは結構難しいです。実戦のアレンジとは考え方が全く違いますしね

個人的には、LIVE2になってアレンジマニアやラウンドザクロックが外されてしまったのは惜しいと思っています。LIVE3ではぜひ復活させて欲しいです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

もしメドレーの順番が逆だったら……

もしメドレーの順番(01→クリケット)が逆(クリケット→01)だったら、マスターアウトに拘らずシビアにシングルアウトするプレイヤーが増えたでしょうね……

今日はそれだけです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

カードゲーム

皆さん練習頑張ってますか? たまには息抜きにカードゲームなんてどうでしょう?

card_game_dartex.jpg
Dartex, the Thrilling New Card Game of Skill, 1938
第二次世界大戦直前に発売されたカードゲーム。メーカーなどの詳細は不明。レトロな絵柄が素敵過ぎます。

card_game_dart_cards.jpg
http://www.dartcards.com/
打って変わって、こちらは最新式のカード。詳細不明。買ってみるしかないかな?

card_game_deal_a_dart.jpg
Darts Corner "Bull's Deal-A-Dart"
こちらはあちこちの通販サイトでよく見かける、BULL'Sのカード。しかし遊んだことも遊んだ人の話も聞いたことないので、やはり詳細不明。ちなみにBull'sの公式サイトにも載っていません。

card_game_a-z.jpg
A-ZDarts Accessories Instructional
こちらはA-ZDartsのサイトに昔から載っていて気になってたダーツカード。他のサイトでは見たことありませんが。詳細不明。アレンジの勉強用かな?

というわけで、残念ながら全てが詳細不明
どれだかどこかの店に置いてあったような気がするけど……でも本物のダーツがあったらそっちで遊びますよね?

遊んだことある人がいたら教えてください。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

練習番長で結構

毎年、年末年始はマイナス要素が重なって調子を崩すのですが(乾燥とか花粉症とか酔っ払うとか)、今年に限っては過去最高に調子が良いです。今の投げ方で背伸びせず普通に打って、アベレージがどの程度になるか確認してみたい。まだまだ不安定要素が多いので、大会などはもう少し自重します。

もっとも年を経てダーツに関して荒々しい気持ちは持たないようになりましたからね。練習番長と呼んでいただいて結構。モチベーションを落とさぬよう、マイペースでぼちぼちやっていきます。

自分自身をコントロールするのは意外と難しいです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

海賊VSギャング

昨夜は自由が丘パイレーツさんと、昨年9月以来2度目の交流戦でした。

試合結果は7対2だったかな?
途中から凸参加で賑やかに。しかし「トンパチ出す」と宣言して一発で出すあたりは流石ですな。

個人的には、ダブル(特に32)が良く入りました。ちゃんと集中すれば入る。気持ちが泳いでいるときは入らない。

johnny_depp.jpg

そういえばパイレーツ・オブ・カリビアンって一度も見たことないな
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ものものものもらい

正月早々右目が軽くお岩さん状態に。いわゆるものもらいだと思われます。

megusuri_sashiki.jpg

目薬超苦手。こんなのが欲しかったな。

kaijin_hyakumeruge.jpg

これだけ大きけりゃ目薬も楽なんでしょうが。…しかしなんという造形

ものもらいは視界が遮られてダーツを投げるのに邪魔です。皆さん注意しましょう。
ちなみに目の腫れは昨日1日でだいぶ引きました。

肝心のダーツの調子ですが、あいかわらずグリップが安定しさえすれば入りだす感じ。レーティングもPHOENIXで24まで上がってきました。某S君が26あるらしいので、その辺りを目標に、自らブレーキを掛けないようコツコツやっていきます。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

PDC WORLD CHAMPIONSHIP 2012 閉幕

村松選手の活躍で幕を開けたPDCワールドチャンピオンシップですが、結局ADRIAN LEWISの連覇という形で幕を閉じましたね。途中経過を全く見られなかったので、せめて決勝戦だけは見ようと思っていたのですが、中途半端に2時ごろ起きて二度寝してしまい、決勝戦の時間は夢の中でした

Brilliant Lewis Hits Jackpot Again! 02 Jan 2012
pdc_world_championship_2012_adrian_lewis.jpg

いよいよ世代交代……なのかな?

日本ではあまり人気のないADRIANですが、その理由に分かりづらいフォームがあるのでは? と何度か述べました。一方準優勝のANDY HAMILTONのフォームはとても分かりやすい。自分の観察では、いずれもきっちり左回転を掛けるために特化されたフォームだと思います。回転がうまく掛からない人は、HAMILTONの投げ方が参考になるのではないでしょうか。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

2012 謹賀新年

昨年末は大晦日まで仕事で、年の瀬を感じることもなく新年を迎えてしまいました。今月はまた暇になるだろうから、更新もボチボチやっていきます。

mizuno_ue_tatsu.jpg

昨年は日本も世界も大きな変動の年でした。今年は平和な一年になることを願います。
今年もよろしくお願いします!

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。