03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

変えてみる人、変えたくない人

最近すっかり週1プレイヤーになっております。それに比例してブログの更新も滞り中。

今日は某所でコソ練を試みたのですが、そういうときに限っていいことありませんね。開始10分でシャフトがポキッと逝きました。ねじ込みがめちゃくちゃ固いユニコーンのスリックスティックを使っているため、修復は早々に断念。約3時間、久しぶりにハウスダーツでカウントアップ投げ込みました。

ハウスダーツは軽くて弾かれ易いので試合では使いませんが、練習にはなると思います。いつも使っているダーツと太さも長さも違うので、癖が出やすいのも良いところ。厳しい言い方をすれば、道具を変えたら全くいつも通り打てないというなら、それは自分がダーツをコントロールしているのではなくダーツにコントロールされているということだと思うのです。よくボードとの距離にめちゃくちゃ神経質になったり、人のダーツでは投げないという人もいますけど、自分は練習のときは積極的に距離を変えたりダーツの重さを変えたりして、自分のプレイの振り幅を広げておくのが良いと思っています。それに条件を変えると、自分の身体・潜在意識が勝手に活性化して、勘・感覚が鋭くなるような気がします。なぜひとが投げたダーツが的中するかといえば、いろいろ理屈を並べたって、最終的に大事なのはイメージ=感覚ですからね。

ゴルファーはパターを打つ前にグリーンの上をグルグル回り、ピンとの距離や芝目や傾斜を読むわけですが、そうして得られたデータも最終的に頭のなかでイメージとして統合されなければ何の意味もありません。そしてそれは当然、過去の記憶・経験がベースになっているはずです。ダーツは常に同じ距離で投げる競技ですが、それでも条件を変えて投げた過去の経験が無駄になるはずがない、というのが俺の考えです。

スポンサーサイト
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

TDOリーグ Kamata Darts戦@BLUE ROOM

一昨日は久しぶりに蒲田のBLUE ROOMさんへ。対戦相手はKamata Dartsさん。対戦するのは4年ぶり?このチームがSCにいるのが信じられないですが。MYMさん加わってるし

試合結果は……
2対7で敗北

俺はガロン・ダブルス・シングルス全て負けました。ダーツが全て上に跳んでしまい、修正が効かなかった。練習で調子が良かっただけに気持ちを切り替えられませんでした。何が原因だったんだろう?


追悼 田中好子さん
キャンディーズ あなたに夢中


背景が……
そういえばデビュー時はスーちゃんがセンターだったんですよね。(俺はスーちゃん派でした) 欽ちゃん、ドリフ、キャンディーズ、テレビが一番華やかだった時代。解散から10年で主演した映画『黒い雨』は衝撃でした。それでもまだ当時で33歳だったんですね。合掌。


★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

最近嵌ってる動画

基本的に書道とか興味ないのだけれど、たまたま万年筆の修理方法とか調べていて見つけました。

硬筆書寫練習


万年筆でもよく見ると、毛筆のような表現ができるんですね。でもって、こんなにゆっくりと丁寧に書くものだとは知らなかった。ゆっくりだけどリズムを崩さず、一画一画がしっかりコントロールされている。迷いがない。書く前にイメージが出来上がっているんでしょう。

今までいかに注意を払わず「とりあえず読めればいいや」と適当に文字を書いてきたことか。結果だけが気になり、過程を大事にしていなかった。

これはまさにダーツにも通ずる真理ですよ。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

自分が好きなダーツ文化

今度の震災は、自分のダーツに対するスタンスを見直すキッカケになりました。

思い起こせば、数年前にプロ団体がスタートしたとき「なぜプロにならないのか」と多くの人に聞かれ、ダーツバーの手伝いをしたときは「なぜもっと飲んで騒いで(売り上げに貢献)しないのか」と言われもしました。ここ数年、自分はこのふたつの流れの中でもがいていたような気がします。

勝手を言わせてもらえれば、自分が求める「ダーツ文化」は、勝負の世界・プロスポーツとしてのダーツではなく、はたまた酒を飲むための余興ダーツ、飲ませるための商売ダーツでもない。

夜な夜な薄暗いダーツバーに集い、老若男女地位も仕事も分け隔てなく、語り、投げ、また語り、同じ方向に向かって進んでいるという一体感、全国どこへ行っても通ずる共通言語、相互理解。自分がそこにスッポリと嵌っているという安心感。そしてそこから何か生まれてくるのではないかという期待感……。

このブログも、そんな感覚の延長で細々と書いてきたつもりです。

もちろん、ひとそれぞれ目指すところはあると思いますが、自分は勝った負けたで騒ぎ、飲んだ飲まれたで騒いでいるだけでは、ダーツの存在価値は薄れていくだけだと考えます。ダーツは今回の震災で何らかの貢献をしたでしょうか。少しでも人々の心の支えになったでしょうか。自分がこの7年間頑張ってきたのは、吹けば飛ぶようなチャラチャラとしたお遊びに過ぎなかったのか。ダーツという競技自体は、野球とかサッカーとか現在主流のチャンピオン・スポーツのような魅力を内包していないし、カラオケのような中毒性・ポピュラリティーも持ち合わせていない。でも、ダーツに嵌った人なら皆さん理解していると思いますが、ダーツはダーツなりにかなり独特の魅力をもっているのです。自分はダーツの文化がその長所を伸ばし、ひとりでも多くの人たちが夜ごと熱く語り合い、苦しいときにも心の支えになるような懐の深い文化になって欲しいと願っています。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

「想定外」は想定した人の責任

「想定外」の事態が起きたというのは、想定が甘かったということ。まずは想定自体の誤りの検証、そしてそこに<こちら側の都合>が含まれていなかったのかも検証しなければなりません。「まさか○○が起こるとは思わなかった」なんて何の言い訳にもなりませんよ~子供じゃないんだから!

ところで最近の工業製品は明らかに壊れ易く作っているものが多いようです。昔は違いました。

サンスター・アーム筆入 CM 1967年


イナバ物置 CM


まあ豊かな時代は「デザインが古くなった」「飽きた」で次を買ってもらえますけどね。

そういえば一昨日、lenovoのネットブックを買ったのですが、決め手は以下の機能でした。

壊れないパソコン


ここまで想定してもらえれば、安心してお買い物できるというものです



★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

イカロスの墜落

今回の原発事故。
ギリシャ神話「イカロスの墜落」を想起せずにはいられない。

icarus_bruegel.jpg
Pieter Bruegel (1525/30-1569)

icarus_chagall.jpg
Marc Chagall (1887–1985)

icarus_redon.jpg
Odilon Redon (1840-1916)

ちなみに太陽などの恒星は核融合反応。現在の原子力発電の核分裂反応とは別物だそうです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ダーツ上達のコツ 上手な人と一緒に投げる

「日本人同士はテレパシーを使っているようにみえる」と外国の人から聞いたことがあります。小さな島国で長いこと文化を共有してきたから? 確かに日本人は言葉を発せずとも人と気持ちを同調させるのが得意なような気はしますが。ただし程度の大小はあるにせよ、周囲と同調してしまうというのは万国共通のはず。

少し前に「ミラーニューロン」というのが話題になりました。誰かが何かをしているのを見るとき、見ているひとの脳内でも同じ場所に電位が発生しているという話。たとえば目の前の人がリンゴを持ち上げれば、見た人の脳内でもリンゴを持ち上げているし、目の前の人が笑えば自分も(脳内では)笑っていることになるわけです。一緒に生活している夫婦が似てくるというのも説明できます。


Classic Candid Camera - Watch more Funny Videos

参考動画。満員電車とかで似たようなシチュエーションを何度も経験してるなあ。ちなみにこんなに動かないエレベーターはありえないですね

さて。タイトルの「ダーツ上達のコツ=上手な人と一緒に投げる」ですが、言いたいことはだいたいお分かりかと思いますので説明は省きます。

肝心なところですが、テレパシーでお願いします。


★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 310~315

今日は310から315までのアレンジを一気にやっつけます。あくまで個人的な意見ですが、315はアレンジの上限。これ以上の数で上がり目を出すためにはトリプル(もしくはダブル)に3本必要なので、数字考えるより削りに集中すべし、というわけです。



310

T20+T20+S20(170)

20に7本、140点で上がり目の最高点に到達します。



311

T20+T20+T20(131)

シングルは使えません。トリプルに3本。180なら131残です。



312

T20(252)→T20(192)→D25(142)
                 →S25(167)
                 →T20(132)
                 →S20(172)×

T20を2本決めたら3本目はどこへ行ったらいいでしょう?
上がり目を優先するならブルでしょうけど、トンパチの破壊力も捨てがたい。T20は外してもナイストライですが、ブルを外したら目も当てられない。3本目を投げる前に変に気持ちが切れなければ、そのままT20トライでも良いと思います。



313

T20+T20+T20(133)

この数もシングルは使えません。トリプルに3本。



314

T20+T20+T20(134)

上に同じ。削ることだけ考えましょう。



315

T20(255)→T20(195)→D25(145)
                 →S25(170)
                 →T20(135)
                 →S20(175)×

315は上がり目を出すためにシングルが使える最大の数です。考えてみたらトンパチを捨ててSB行って170残というのもそれなりにインパクトがあります。(昨日紹介したウィットロックも狙いがT19というだけで同じですね)涼しい顔で170ハイオフなら最高にカッコいい。いずれにせよ、スローの前に心の準備をしておきましょう。

というわけで、最後ちょっと駆け足でしたが、アレンジ検証の大きい方はこれぐらいにしておきます。もっと大きい数は……アベレージが30超えたら考えようかな?

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 309

震災から今日でちょうど3週間。自分が直接被害を受けたわけではないのに、地震後のバタバタで心にポッカリと穴が開いてしまった感じがします。立ち直るにはまだもうちょっと時間がかかるかな。「自粛は自粛」みたいにいう人もいるけど、人にはそれぞれペースってものがありますからね。元気を出せる人はどんどん元気を出していったらいいと思います。自分は自粛とは言わないけど、もうちょっと考えたい。

さて。新年度に入ったことだし、今日からアレンジ検証を再開しようと思います。予告どおり309点のアレンジです。まずは珍しく先に参考動画を紹介します。短いので全部見ちゃいましょう。

PDC darts High Finish 170 Simon Whitlock January 2010


凄げーなーウィットロック。ワンチャンス与えたフィル様が悪いんだけど。なぜ64残の2本目をT16に行ったですかね? (セオリーはもちろんS14です) 「上がれるもんなら上がってみろ」的な感じですかね?

それにしてもハイオフのお膳立ては、その前の309残をしっかり170にまとめたウィットロックのアレンジにあるわけです。

T20(249)→T20(189)→T19(132)
                 →S19(170)
        →S20(229)×
S20(289)×

T20狙いでは、1本でもS20に入ると上がり目が消滅してしまいます。

T19(252)→T19(195)→D25(145)
                 →S25(170)
        →S19(133)×
S19(290)→T20(230)→T20(170)

T19から行けば、1本目がシングルでもチャンスは残ります。2本目のトリプルを外せないという点で306残より条件は厳しいですが、でもやはり309残はT19から行くべきかと思います。


さてと。
「ほとんどダーツのことしか書かない」というコンセプトで6年続いたこのブログですが、これから少しそのコンセプトを緩めて、ダーツ以外の話も書いていこうかとと思っています。6年前はダーツに関する情報自体がまだまだ少なく、こんなブログでもそれなりに意義があると思っていたんですけどね。今ではダーツブログやダーツに関する情報は追いきれないほど巷に溢れています。それにトーナメントやリーグ戦の詳細、誰に勝ったとか負けたとかを書けない雰囲気になってしまったので。(これも自粛ってやつ?) ま、書き方次第といわれればそれまでなんですけど


★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。