05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

129のアレンジを考えてみる

久し振りにアレンジの話をば。

ハードのアレンジはソフトより難しいという人がいますが、それはアレンジを考えずに、もしくは簡単に考えて投げているから。アレンジを真剣に考えたら、上がれる場所が多くルールのバリエーションも多いソフトの方が、むしろ奥が深いといえるでしょう

たとえば129残を例にとって考察してみます。

ハード(もしくはPERFECTプロルール)であれば、1本目はT19狙いで間違いないでしょう。

T19(72残) → T12(36残) → D18
         → T16(24残) → D12
         → T20(12残) → D6
S19(110残)→ T20(50残) → D25

T20やブルに行く人もいるかもしれませんが、T20狙いは1本目を外した時点で上がり目消滅。ブル狙いはインブルの使用が必須になってしまいます。
(追記:20狙いでも問題ありません。詳しくはコメント欄参照)


ではソフト(ファットブル、オープンアウト)の場合はどうか。
1本目を外しても上がり目が残るということを前提にすると、1本目はブル、T19、T18、T15、T12、T9狙いの5つのケースが考えられます。まずはおそらく一番一般的なブル狙いから。

D25(79残) → T19(22残) → D11
         → S19(60残) → T20

個人的にはD11フィニッシュが気持ち悪いので、2本目はシングルど真ん中狙い。
ちなみに1本目のブルがシングルに外れても、4分の1の確率で上がり目が出ます。(S19、S18、S15、S12、S9に入った場合)いわゆる「あるよ~!」ってやつですね。こういうラッキーは有効に使いましょう。


次に考えられるのが、T19に行くケース。

T19(72残) → D25(22残) → D11
         → T18(18残) → S18
         → S18(54残) → T18
         → T12(36残) → D18(T12)
         → S12(60残) → T20
S19(110残)→ D25(60残) → T20

ここでのポイントは72残の処理の方法です。ハード(ダブルアウト)だとT20やT16を使う人も多いですが、シングルに外せないというデメリットがあります。逆にオープンアウトルールでは、ハードでは使わないT18が美味しいんですね。上級者になると、日常でも試合でもシングルアウトをしなくなるので、72は18×4本というのを忘れてしまいがちです。俺はソフトのリーグ戦でも72残をT12から打ってました
マスターアウトの場合、最後にD25を残すために先にD11を打つ手もあります。相手がノーチャンスだったら、安全策としても使える手です。

さて。残りのケースですが…

T18(75残) → T15(30残) → D15(T10)
         → S15(60残) → T20
S18(111残)→ T19(54残) → T18
         → S19(92残) → ×

T15(84残) → D25(34残) → D17
S15(114残)→ T19(57残) → T19
         → S19(95残) → ×

T12(93残) → T19(36残) → D18(T12)
         → S19(74残) → ×
S12(117残)→ T19(60残) → T20
         → S19(98残) → ×

T9 (102残)→ T20(42残) → T14
         → S20(82残) → ×
S9 (120残)→ T20(60残) → T20
         → S20(100残)→ ×

2本目以降のアレンジは代表的なもののみ書きました。いずれにせよ1本目をシングルに外したら、残り2本をトリプルに入れなければならないというのは、ちょっとシンドイですね。


ふぅ。ここまできて「ブルもしくはT19を選択せよ」という当たり前の答えにたどり着きました。お疲れ様でした~

もちろん、上級者にはもっと高度な上がりが要求されます。

たとえば

T20 → T20 → T3

とかね。3本を自由に使って上がりきれば良いのです。ギャラリーが想像していないところにポンポンポンと涼しい顔をして入れてください。

…もっともこんなのをアレンジとは言いませんが


スポンサーサイト
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 129~130

いよいよ120台も終わり!
今日は129~130のアレンジを行きます。



129

T19(72)→T12→D18
S19(110)→T20→D25


T20(69)→S19→D25
       →T19→D6



19は2本目をトリプルに入れないと上がり目が出ない。
20は1本目をトリプルに入れないと上がり目が出ない。
128同様、難しい数字です。
その場で迷わないよう、どっちに行くか決めておきましょう。



130

T20(70)→S20→D25
       →T20→D5
S20(110)→T20→D25


これ以外に無さそうです。
もちろん急ぐ必要がなければ、70残はT10やT14から行けばよいのです。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 126~128

昨日は肩の痛みもあってダーツは完全休養。
毎日何時間も(何十時間も?)投げられる人がウラヤマシイっす。

さて今日は126~128の検証をしてみます。


126

T19(69)→S19→D25
       →T57→D6
S19(107)→T57→D25


やっぱり19に行くべきでしょうねぇ。

19に6本12残
19に4本50残


こうやって投げる前に頭の中を整理しておくと、集中し易いです。

ただし本当に自信があれば(もしくはT19に自信が無ければ)、T20で削るのも悪くないかと。人の試合を見ていると、上手い人ほどあえてT20に行っているような気がします。シングルに外れたらブーイングものですけどね



127

T20(67)→S17→D25
       →T17→D8
S20(107)→T57→D25


迷わずT20狙いで。



128

T18(74)→T14→D16
S18(110)→T20→D25


T20(68)→S18→D25
       →D18→D16


18に行くか、20に行くか。
安全策を取るならT18狙いですが、上がり目を出すためには2本目を確実にトリプルで決めなければなりません。
一方T20狙いなら、1本目が決まりさえすれば2本目はシングルでも上がり目が出ます。ただし1本目が外れたら勝負はそこまで。

2通りのフィニッシュを想像して、イメージし易い方に行けばいいと思います。
ちなみに、俺は迷わずT18から行きますです
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。