05«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

硬派ダーツ日記

ほとんどダーツのことシカ書かないブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
トラックバック: -- |  コメント: --
go page top

ハードダーツのアレンジ 19~20

19
ダブル(偶数)を出すには、17以下の奇数に入れるしかありません。考えられるのは以下の12パターンです。

S1 →D9  T1 →D8
S3 →D8  T3 →D5
S5 →D7  T5 →D2
S7 →D6
S9 →D5
S11→D4
S13→D3
S15→D2
S17→D1

赤字になっているのは、偶数のダブルが出るパターン。
隣に入ってもダブルが出るシングルの並びはS3とS17だけ。1、3、5ならトリプルでもダブルが出ます。というわけで、多少でも広く狙えるS3狙い(S17寄り)が最良の選択と思われます。くれぐれもS19でバーストしないように。
下を打つよりブルの高さの方が得意という人にはS11という選択肢もあります。ここなら仮に上下にずれてもバーストはしません。もちろんアレンジにもう1本必要ですけど。

実は自分もS3が苦手……というか入れて当たり前のシングルは全て苦手なのですが。隣に保険が一個存在するだけで、投げやすさは段違いです。

ちなみに19残になってしまうパターンとしては、

38残からのD19がシングルに入ってしまった場合
45残からのS13がダブルに入ってしまった場合
27残からのS11が下のS8に入ってしまった場合

などが考えられます。経験からいっても19はよく出会う数です。



20
D10
S4 →D8

20という数字はD20からの流れはもちろん、80残からT20→D10など、かなり頻繁に出てきます。だからD10は抵抗無く打てるよう沢山練習しておきたいダブルのひとつです。それでもアレンジをかませたいなら、S18→D1という保険含みでS4狙いということになるでしょうか。D8に絶対の自信があるなら無いことは無い選択肢と思います。



余談。
アレンジの1本を広く狙う(保険をかける)ためには、ダーツボード上の奇数の並び・偶数の並びを使うのが基本になります。奇数同士、偶数同士が並んでいる場所はボード上に各3箇所。特に奇数は下のほうに固まっているので分かりやすいし使いやすいです。

even_odd.jpg

個々の計算はともかく、場所ぐらいはなんとなく覚えておきましょうね。

古い記事ですが、興味のある方は読んでみて下さい。
「ハードダーツのアレンジ 奇数の並び」
「ハードダーツのアレンジ 偶数の並び」


スポンサーサイト
★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 16~18

昨日のお昼はアナログ放送終了の瞬間を見ようとテレビに噛り付いていたのですが……12時をすぎてもそのまま放送が流れていてガッカリしました。うちのケーブルテレビでアナログ→デジタル変換のサービスをやっているのをすっかり忘れていました。ちなみにケーブルテレビのアナログ終了は2015年だそうです。

さて。今日は16~18のアレンジを密度薄めにやっておきます。



16
D8

異論はないはず。



17
S9→D4
S1→D8

アレンジのシングル1本は「入れて当たり前」ですが、自分の実力では確率的に5本に1本は外してしまうし、投げる前から全然入る気がしないときだってあります。S9狙いなら隣に入っても

S12(5残)→S1(4残)→D2
S14(3残)→S1(2残)→D1

と、もうワンチャンス作れます。1本目でバーストして帰ってくるというのは自分は追い込まれるし相手も楽にさせますから、1本目に不安があるときはS9狙いをお勧めします。



18
D9
S6 →D6
S10→D4

1本目からD9トライで問題ないと思います。シングルに自信がなかったり、ダブルスで相手に負担を掛けたくないときは、S6とS10を両天秤にかけてアレンジする方法があります。特にS6→D6の流れは結構気持ち良いです。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

ハードダーツのアレンジ 11~15

台風第6号マーゴン情報!

20110719_ma-on.jpg

……今こんな感じだそうです。台風の動きって不思議

さて。ハードダーツのアレンジ検証、今日は11~15をやっつけます。


11
S3→D4

異論はありませんよね?



12
D6
S4→D4

縦長D6は狙いやすいので、そのままで良いと思いますが。苦手意識がある人は無理に狙わずS4→D4とシングルから合わせていくのも手かと思います。



13
S5→D4

異論はありませんか?



14
D7
S6→D4
S10→D2

6や10と同じくシングルに外すと奇数になってしまう数ですが、14残は事情がちょっと違います。つまり8や4といった偶数の倍数を出すために、S6~S10とシングルを広く使うことができます。

6のときと同様、単純化して試算をしてみます。
参考 「ハードダーツのアレンジ 6」


D7狙いの場合
arrange_14_chart_01.jpg

フィニッシュ確率 37.6%
2残         12.8%
4残         25.6%
7残          6.4%
14残        17.6%


S6→D4、S10→D2 両天秤の場合
arrange_14_chart_02.jpg

フィニッシュ確率 36.0%
2残         24.0%
4残         24.0%
8残          8.0%
14残         8.0%

1本目のシングル(6or10)は絶対外さないと仮定しても、フィニッシュの確率は微妙に分が悪く、2残の可能性も高いようです。それでもメンタル面なども考慮すると、この選択は捨てがたい。特にダブルスのときにOB→OB→S7でパートナーに渡すようなことになったら、罪悪感を感じずにはいられません。何度かトライできるような状況なら、さっと切り替えるのも手だと思います。



15
S7→D4

1本目のS7をしっかり。ちなみに下に垂れてもバーストしないS11狙いという手も覚えておくと、ここ一番で使えるかもしれません。

★ランキングへの投票お願いします!
人気ブログランキングへ にほんブログ村 その他スポーツブログ ダーツへ
go page top

プロフィール

カウンター

最新記事

最近のコメント(コンパクト)

カテゴリ

月別アーカイブ(タブ)

検索フォーム

SPECIAL

ランキング

RSSリンクの表示

アクセスランキング レンタルCGI
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。